<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

冠舌屋さん

先日 突然 お手紙を いただきましいた
内容は
「この ブログに リンクを貼らせてください」っと言うものでした
このメールの 差出人は 冠舌屋さんでした

「冠舌屋さんって なんだっけ? 聞いたことはあるな~」
こんな 感じで 調べると
仙台の 牛タン屋さんじゃん!

kantan1.jpg

そういえば 以前 このブログに書いたね!
「牛タンラー油」

http://mach.projectbee.com/sb.cgi?eid=997

いや~~ よく見つけるね~
その努力に 感動した!

早速 「リンクかまいませんよ~」とご連絡
その結果

http://kantan-ya.jp/hpgen/HPB/categories/96405.html

このように 出ていました~
その上 お礼に 例のラー油送って もらっちゃたし
申し訳ない!

また 買いにいかなくっちゃ!
感動 | comments (2) | -

泣いた・・・

年末 年始と NETを やる時間がありませんでした
その理由は・・・・  WOWOW!

年末から 年始にかけて WOWOWを 見ると
何故か いつも 「寅さん」を やっていました

tora.jpg

私は 映画はほとんど見ません
見るとしても 洋画だけでした
このため 「寅さん」は 初めての経験でした

それも 一昨日で 全49話 終わりました
疲れた~~~~ 

でも 泣けた!(笑)
世の中には 寅さんファンがいると 聞いていましたが
これなら ファンが いるだろうな~ という 感想です

普通の 方々は 「寅さん」って 見てるのでしょうね~
これで 私も 会話に参加できそう・・・

但し 最初の頃の作品は 見逃してしまったので
レンタルして 見ないとね!
感動 | comments (8) | -

おフランスの 香り

「まっくさん イチジクは お好きですか?」
「うん 大好物!」
「それなら これ 召し上がってみてください」
「これ かわいいね~」
「はい フランスの イチジクなんです」

ichijiku31.JPG

とても 小ぶりです
直径3cmぐらいでしょうか

しかし その甘さは 半端ではありません
ほとんど すでに ジャムになってる 感じです
これはおいしい!

甘党の 私が 60年間知らなかったのが 不思議なぐらいです
そういえば お店とかで 見たことないし
どうやって 入手するんだろう・・・

皆様 どこかで 見つけたら
迷うことなく 購入して 味わってみてくださいね~
嘘じゃなく お勧めですよ~
感動 | comments (5) | -

ヘラヘラ生きてちゃいかんな~ ぼく・・

私の 中学時代の 友人です
その方から バッヂが 送られてきました

ganbare3.jpg

彼は 今は リハビリ中です それも10年
日本産業の戦士だったのに・・・

ぶうちゃんのリハビリ日記  自由へ続く道

自分も 頑張り
他人をも 思う

自分のことしか考えてない 自分が恥ずかしいです
心 洗うか! ← 思うだけ進歩したね!
感動 | comments (5) | -

先進技術実証機 「心神」

かなり アクアとは かけ離れますが
今 世界は ステルス機の時代を迎えています
俗に言う 見えない戦闘機ですね!

そこで 事前に 勉強するために
しんしん 見てきました

先ずは 駐車場が 空くまでの 1時間

pan48.jpg

まあ ありがちな あんまん 肉まんでした~(笑)

そして 列にならぶこと 3時間(爆笑)
やっと たどり着きました・・・・

これが 男の子の リーリー

pan60.jpg

こちらが 目的の しんしん

pan53.jpg

動かない
でも かわいい!
ステルス性と 運動性は 謎(笑)
これだと 竹林で 目立ちそう・・・・・・

そして でかい!
想像以上に でかい!
パンダって もっと 小さいと思っていました
(40年前に見た カンカン ランランは もっと 小さかった気がする)
その辺の 月の輪熊よりも はるかにでかい!

皆さん お時間が ある方は
是非とも 上野動物園へ!
大熊猫 見る価値ありますよ~
感動 | comments (6) | -

ハヤブサ

昨日の ハヤブサ君には 泣かされましたが
今一度 考えてみました

先ず イトカワですが
当然 「糸川英夫」さんから お名前を借りているのでしょう
日本を代表する ロケット技術者です

先日 国立科学博物館を 見学に行ったときに
有名な 「ペンシルロケット」を 見てきました
私にとっては 想像していたのより 大きかったし
しっかりした 構造のものでした
おもちゃではなかったです

これが 日本の ロケットの始まりだったのですね~
もうちょっと ハヤブサ君が 早く帰ってきていれば
「GXロケット」も仕分けされなたっかたも・・・・

そして ハヤブサ君です
何故 ハヤブサ?
帰ってくるなら 鳩のほうが いいのに・・・

しかし イトカワには ハヤブサなんです!
これは決まりごとなんです

KI43.jpg

一式戦です 通称「隼」
加藤隼戦闘隊で 有名です
この設計に 糸川氏は 携わったのです

だから ハヤブサは 今は亡き 糸川さんに 再会を果たし
お土産まで もらって
現代に 戻ってきたのです

ネーミングも おしゃれだったですね~
感動 | comments (12) | -

泣いた・・・・

ここ

こういうのずるい
泣かせるためだ~~ぁ
感動 | comments (11) | -

泣かさせていただきました

「まっくさん 人のために なんかしたことあります?」
「え~~~っ 人のためには ないな~ 自分で手一杯!」
「それなら これ 読みなさい!」

 gaku247.jpg

いや~ 泣きましたね~ これ
久しぶりに 感動しました

そして 映画化とか
しかし 配役の イメージが違う気がするな~
感動 | comments (6) | -

また 泣く

もう 歳ですね~
涙腺が ゆるくて・・・・・・

chie1.jpg
(HPのホームページから)

不覚にも TVの 中継を見ていて 泣いちゃいました~
くやし~~~!
感動 | comments (3) | -

歳かな~

外国での話。
ある男性が愛犬と散歩中、突然飼い主だけが交通事故に巻き込まれた。

まもなく救急車が到着し、犬も一緒に連れていかれた。
意識のない主人はストレッチャーに乗せられたまま、愛犬の見守る中、
救急用のエレベーターに消えていった。

犬は、一階のそのエレベーター入り口が見えるところに繋がれて
主人の帰りを今か今かと待ちわびていた。
エレベーターが、チン♪と鳴りドアが開く度に、
犬は起き上がり耳を立てて、その方向を見つめる。          

しかし・・・、主人がそのエレベーターから降りてくることは二度となかった。

身寄りのなくなった犬は、その後心温かい病院のスタッフによって
エレベーターに近い外の場所に犬小屋が作られ、
そこで飼われることになった。

その犬は、エレベーターの音がチン♪と鳴り、ドアが開く気配を感じる度に主人の帰りを待ち続け気にしていたらしい。
その後も病院スタッフや患者たち、みんなから愛され可愛がられながら
長い年月をそこで送ったという。


そして、一階のエレベーターがチン♪と鳴りドアが開かれた。

それは、もしかしたら・・・
身も心も自由になったその犬を、今度は大好きな主人が、
迎えに来たのかも知れない。

(あるサイトからの コピペです)
----------------------------

くやし~~~
これ読んで 泣いちゃった!
ぼくも 歳だな~

「HACHI約束の犬」なんか 絶対に見れないね!
でも 本物の ハチは
毎日 渋谷駅の横の 焼き鳥屋さんで焼き鳥もらってたみたいで
それを目当てに 駅まできてたとか
それなら 納得なんだけどな~

ちなみに 私は わんこ 大好きです
感動 | comments (6) | -
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER