<< December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

歳かな~

外国での話。
ある男性が愛犬と散歩中、突然飼い主だけが交通事故に巻き込まれた。

まもなく救急車が到着し、犬も一緒に連れていかれた。
意識のない主人はストレッチャーに乗せられたまま、愛犬の見守る中、
救急用のエレベーターに消えていった。

犬は、一階のそのエレベーター入り口が見えるところに繋がれて
主人の帰りを今か今かと待ちわびていた。
エレベーターが、チン♪と鳴りドアが開く度に、
犬は起き上がり耳を立てて、その方向を見つめる。          

しかし・・・、主人がそのエレベーターから降りてくることは二度となかった。

身寄りのなくなった犬は、その後心温かい病院のスタッフによって
エレベーターに近い外の場所に犬小屋が作られ、
そこで飼われることになった。

その犬は、エレベーターの音がチン♪と鳴り、ドアが開く気配を感じる度に主人の帰りを待ち続け気にしていたらしい。
その後も病院スタッフや患者たち、みんなから愛され可愛がられながら
長い年月をそこで送ったという。


そして、一階のエレベーターがチン♪と鳴りドアが開かれた。

それは、もしかしたら・・・
身も心も自由になったその犬を、今度は大好きな主人が、
迎えに来たのかも知れない。

(あるサイトからの コピペです)
----------------------------

くやし~~~
これ読んで 泣いちゃった!
ぼくも 歳だな~

「HACHI約束の犬」なんか 絶対に見れないね!
でも 本物の ハチは
毎日 渋谷駅の横の 焼き鳥屋さんで焼き鳥もらってたみたいで
それを目当てに 駅まできてたとか
それなら 納得なんだけどな~

ちなみに 私は わんこ 大好きです
感動 | comments (6) | -

Comments

ビー子 さん 
猫派ですが・・・・泣ける話ですねえ。(ノ_・、)シクシク

スコットランドのエジンバラにも忠犬ボビーのお話があります。
亡くなった飼い主・ジョン・グレイのお墓を守りつづけるボビー。
でもジョン・グレイが別のところに改葬されてからも古い方の墓に通ってたそうです。
近所の人がエサくれるからだって(-。-;)

それでも犬は可愛いし、犬が人に示してくれる信頼や愛情は
本物だと信じています。

全然関係ないけど、来月うちにくる人の名前が同じジョン・グレイで、
息子の愛称はボビーだったりします。
駐在員 さん 
小員が幼少の頃、犬を拾って帰ったら飼えないから
元に戻して来なさいと母に言われ泣きながら家に
帰ったら、犬が先に帰ってました(笑)
ワンコって賢いですね~
まっく さん 
ビー子さん>
 動物の話は ずるいですよね!
 人間に 裏がありすぎるのかも・・・・

駐在員さん>
 うちの わんこと 賢さは 同居してませんね~
 たぶん 一緒にお散歩してても
 わんこが 先に 迷子になると思います
ビー子 さん 
美談になったりエサ目当てとされたり、
その時々の人間の勝手で話されてるようですね~~。

本当は、犬や猫には「人間に見えない何か」が
見えてるのかも、です。
Rokujizou さん 
はじめまして、マック様。

昔、何となくどこかで読んだような記事ですが、感動しました。また、こんな記事お願いします。^^
まっく さん 
ビー子さん>
 わんちゃんや ねこちゃんは 純粋なんですよね
 でも うちのわんこ もうちょっと 賢くなって欲しい(笑)

Rokujizouさん>
 訪問ありがとうございます
 今後とも よろしくお願いいたしますぅ

Comment Form

CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER