<< December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

業界計算機

先日の問題で すれ○ぢさんから ずるっこ呼ばわりされてしまったので
業界計算機を利用して 答えをもとめてみましょう

Img_3877.jpg

これが 私の所属する業界で通常しようする 計算機ですぅ
今回は この 裏側を使用します
(表側は 偏流計算とかしますぅ 三角関数が解ける)

先日の 問題で わかっているのが
速度 Mach1.55 IAS 500kts
高度 40600feet 

これを用いて 計算を開始します
先ずは 高度と気温をあわせます

高度 40600 気温 -56度c

Img_3887.jpg

そして このまま 今度は IASを 見ます

Img_3889.jpg

500の上の数字が TASになります
結果 1020ですね!
1020ktsとなります

こんどは ここに 0をあわせます

Img_3892.jpg

これは通常の掛け算となります
普通の 計算尺と同じです
このまま 1.852を 見ると

Img_3894.jpg

出ました
1890ぐらいです
よって 1890km/hが 答えかな~
ちょっと 自信ないけど・・・

また この計算機は 民間用なので
Mach数から TAS計算はできません
軍用機用だと Mach数から 直接出せるのですがね~

実は 最近は こういうのを全て 飛行機がやってくれるので
この 機械を使うことはなくなりました
また INSとか GPSによって さらに 正確に 自分の速度がわかるので
これを使うのは 免許取得時の 試験のときだけかも・・・
飛行機 | comments (5) | -

Comments

すれっぢ さん 
あはは、わざわざありがとうございます~。
このフライトコンピューター2万3千円もするん
ですね。E6-Bと機能はほぼ一緒でしょうか?

この前の計算
「海面上,気温が15℃のときの音速や約340m/sec(または661ノット)である。また,気温は高度1,000mにつき6.5℃ずつ下がるので,高空に行くにしたがって音速も遅くなり,11,000m以上の成層圏では295.2m/secとなる。」との記述をを某所で見つけてやったん
ですが・・・合ってないんですね~。
マッキー さん 
遠い記憶の中に「計算尺」が・・・しかし発明した人天才ですね!
マッキー さん 
そうそう、例の件了解です、 お手数おかけしました♪
駐在員 さん 
関係ありませんが 今夜 DVDで「空へ 救いの翼」を観ました。
感動しました~(笑)
まっく さん 
すれっぢさん>
 そんな 高価なものなんですか?
 私の場合 いつも 貸与品を 使っていますので・・
 今回の計算も間違っている可能性がありますので
 次回は 実機で確認してきますね~

マッキーさん>
 対数ってすごいですよね!
 掛け算が 足し算になるんですから~
 でも 電卓の方が はるかに便利ですけどね!

 例の件 お世話になりました~
 一件落着です

駐在員さん>
 小松救難隊ですね!
 あの 女優さんの お父様は 航自救難隊の救難員だったそうで 
 訓練中 殉職されたそうです

 そういえば 先日岐阜の防災ヘリが 遭難しましたが
 救難も 本当に 命がけなんですよね~

Comment Form

CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER